FC2ブログ

プロフィール

いわべー

Author:いわべー
舐め犬になってみたい・・

【年齢】32
【身長】170
【体重】54
【職業】フリーター><
【趣向】匂いフェチ 脚フェチ 舐め奉仕 人間便器 マッサージ 荷物持ち代行 タイムセール代行
【住まい】福岡県北九州市
【連絡先】makurimakuri789@yahoo.co.jp


日々の妄想やゲームなど、更新していきたいと思っています

よろしくお願いします。ブログ初心者です><

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夢の果て・・

前回の続き

「ゴムとって」

「あっ・・はい」

まさか・・!?

いあいあ・・ なんか違うことにつかうんだろう・・

「つけて!」

!?

・・・・・

・・・・・

憧れのコンドーム・・

男なら、一度は夢見るんじゃないだろうか・・

・・・・・

これでいいのか・・・ つけたことないぞ@@

○さんが確認している・・

「うん はずれないね?」

「はい・・」

心臓はドキドキ・・ 頭真っ白

完全に冷凍マグロの俺


ニルナリ


ヤクナリ


スキニシテクダサイ


俺は仰向けで、目をつぶった。

○さんが俺のをもって・・・ 挿入しようとしている?

「入ったよ・・ はあ・・」



・・・・・

・・・・・


あぅ・・



ついに・・

・・・・・・

ついに・・

・・・・・

やっと・・?


ただ・・


ただ・・

ひたすらに・・・


28年間・・・




























一徹
長かった・・・


中学くらいから性に目覚めて・・

いつか・・

いつか、できるだろう・・

そう思って・・何年たっただろうか・・

もう一度言わせてほしい・・・





















一徹
長かった・・・



これがHか・・・ 

しめつけられる・・ってのは

あまりわからなかった・・・



○さんの道具として使っていただけたのか・・

○さんの気まぐれだったのか・・

あわれに思われたのか・・

舐め犬なのに・・よかったのか・・

色々考え、素直に喜べないところもあったが

感動も大きかった。

舐め犬とは、いったが正直一度は経験してみたかった^^;

・・・・


目をあけてみると・・

○さんは、めっちゃ腰ふってる・・・

じゅぼじゅぼ・・

エッチな音も・・

「どう?」

「はい・・感無量です・・」

素直に申した・・

「そう」

結合部を見てるのと、○さんが俺の上で腰を・・って

思うと・・射精感がおしよせてきた・・

が・・

「イっちゃだめだから!」

!?

我慢しないといけない・・

俺が気持よくなってはいけない・・

俺は、布団を強く握り、耐えていた

別のことを考えて、紛らわしていた

だが、聞こえてくるエッチな音 

○さんの息遣い・・

AVの世界でしか見たことのない、女性と男性の結合部

我慢しなくてはいけない・・


そう思っているのに・・・


またすぐに、押し寄せてくる射精感




















(泣)
うん・・ちょっと早いんじゃないかな・・俺



「○さん・・やばいです。抜いてください」

たまらず、やめてもらうように言った・・


が・・・




「まだだめ! 我慢して」

うぐ・・

しかし・・

「だめっす・・ やばいです・・」

「・・・・」

一旦、やめてもらった・・

それから少し、休憩をして

最後のコンドームを装着した。

再び、○さんが腰を沈めてきた・・

また道具になるべく、ひたすらに耐えていた。


容赦なく、動く○さんの腰・・

また、聞こえてくる、エロい音

押し寄せてくる射精感・・

俺は、あぅ! とうめくことしかできなかった

どれくらい時間がたっただろう・・

○さんのが体を起こし、立ち上がった。

「ふぅ~ がんばったねw」

○さんが言う・・

俺は半ば放心状態で答える・・

「なんとか耐えれました^^;」

「・・・」


「ださなくて、平気なん?」

「はい・・」 

こんな機会もう二度とないかもしれない・・・・

そう一瞬思ったが・・

「自分は大丈夫です。」

「そうw」

「おわったら、テイッシュで拭いてあげてね」

「それからお風呂で洗ったらいいよ^^」


こうして、今回の活動は終わった・・


射精することはできなかったが、はじめての挿入・・

想像してたよりは、普通ってのが正直な感想でした。

自分が気持よくなるってのが、やはり何か違う気がして

集中できないってのが・・(あぶない場面もありましたが^^;)


クンニさせて頂いてる時のが、何倍も興奮しました。

自分はやはりノーマルじゃない!ってのが、再確認できたかな~



次回もし機会があるなら

蒸れ蒸れのあそこ 蒸れ蒸れのお足にご奉仕できたら

いいなー^^;







読み返してみたけど・・・

せっかくの体験なのに・・




(泣)
内容薄いな・・ごめんなさい









スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makuri0708.blog.fc2.com/tb.php/17-a9242b03

 ホーム